名古屋の慢性腰痛 専門整体院
  • 受付時間
  • 午前9:00~12:00

    午後3:00~7:30

※休診日 火曜・木曜午前・日祝
※月曜が祝日の場合、火曜の午前は診療
交通事故認定治療院
  • ご予約・お問い合わせ
  • 予約制
052-807-3443
院長ブログ
銭湯体勢に入りましょう
2015/08/04

img_m_65f7fb4271c4adcb368d7127b485f5871.銭湯にはマイナスイオンが満ちています。
 マイナスイオンは血圧を下げ、副交感神経を優位にする働きがあります。そしてより深く心底からリラックスするθ波に近いα波が非常にたくさん出ることです。

家庭の狭いお風呂だと湿度が すぐに上がってしまいますので、マイナスイオン発生を担う細かい水滴(クラスター)が減少し、多くのマイナスイオンは発生しませんが銭湯では大量のお湯を流したり、シャワーを使ったりすることにより、レナード効果(滝効果)が起こります。また銭湯は空間が広く換気も比較的よく行われていますので、常時にマイナスイオンの発生が維持されやすいです。


img_m_d751cbb8fa4c9f4c8db93c7f9e084dfb

2.交代浴で自律神経の強化
 交代浴はサウナと冷水浴・冷水シャワーなどを交互に入浴する方法です。
交代浴による体温の変化は自律神経の訓練となります。それによりらの器官機能を調整しますので、かなりのエネルギーを消費しますので、美容や痩身に大きな期待ができます。

3.遠赤サウナで身体を温めるとHSP(ヒートショックプロテイン)が増加
 人間の体は約60兆という数の細胞で作られ、そのほとんどがタンパク質からできています。
細胞に熱を加えると細胞内のタンパク質は損傷を受けますが、同時にHSP(ヒート・ショック・プロティン)というタンパク質が生まれます。このHSPはどんな生物、 植物、 細菌でも持っているもので様々なストレスにより増加しますが 特にこのような熱によるストレスが増加しやすいです。

HSPは損傷を受けたタンパク質を元通りに修復する作用があります。細胞は高熱だけでなく疲労、汗腺、血管の梗塞、虚血状態、紫外線などさまざまなストレスによっても損傷を受けますが,これらの細胞異常に効果があるのがHSPです。

HSPと免疫の違い
免疫の場合は 抗原に対して特異的にしか起こらず、 ある病原体に対して免疫を獲得しても別の病原体(ストレス)に免疫を示すことはありません。
しかしHSPは、あるストレスにより誘導されたHSPによりストレス抵抗性を獲得し、これは他のストレスに対しても同様に抵抗性を示します。

ただ注意が必要なのは2日後をピークに達し、その後減少し1週間後にはまた元に戻ってしまうということです。その為、定期的に通われることをおススメします。

あなたの悩みを根本から改善していくために、

全力でサポートしていきます!

  • ご予約お問い合わせ
  • まずはご相談だけでも、お気軽にお電話ください。
  • 受付時間
  • 午前9:00~12:00 / 
    午後3:00~7:30
※休診日 火曜・木曜午前・日祝
※月曜が祝日の場合、火曜の午前は診療

予約多数な為1日2名限定

初回
10,000円
のところ
2,980円
にて診察させていただきます。
70% OFF
※施術時間以外のご予約はメールフォームから、24時間・年中無休で承っております。