名古屋の慢性腰痛 専門整体院
  • 受付時間
  • 午前9:00~12:00

    午後3:00~7:30

※休診日 火曜・木曜午前・日祝
※月曜が祝日の場合、火曜の午前は診療
交通事故認定治療院
  • ご予約・お問い合わせ
  • 予約制
052-807-3443
院長ブログ
NHKクローズアップ現代「座りすぎ大国日本 “座りすぎ”が病を生む!?」

先日、NHKクローズアップ現代で “座りすぎ”が病を生む!?をテーマに世界各国で始まった取り組みを紹介していました。とても興味深い内容なので紹介します。

“オーストラリア人は労働時間の8割を座って過ごしています。オーストラリア人よ、立ち上がれ。”

オーストラリアでは官民一体となって、座りすぎに警鐘を鳴らすキャンペーンを展開し、職場では1日2時間以上立って過ごすよう勧めています。 国内の45歳以上の男女22万人を3年近くにわたって調査した結果、 期間中に亡くなった人たちの生活スタイルを調べたところ、座る時間が大きく影響していました。 1日4時間未満の人たちと比べて11時間以上だった人たちは死亡するリスクが40%も高かったのです。

長く座り続けると体の代謝機能や血液の流れに悪影響を及ぼし、深刻な病につながることが分かってきました。 立ったり歩いたりしているときは脚の筋肉がよく働きます。人の筋肉の7割が下半身にあります。

このとき、筋肉の細胞内では血液中から糖や中性脂肪が取り込まれエネルギーとして消費される「代謝」が盛んに行われます。ところが座ると、全身の代謝機能を支えてきた脚の筋肉が活動せず、糖や中性脂肪が取り込まれにくくなり、血液中で増えてしまいます。長く座り続けることで全身を巡る血流が悪化し、血液がどろどろになります。
その結果、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、さらに糖尿病などのリスクが高まるのです。

 世界20の国や地域で座っている時間を比較した調査では、日本が最も長い7時間という結果が出ています。

座りすぎの健康リスクの研究というのは、15年ぐらいで、まだまだハッキリとしたメカニズムは分かっていませんが、筋肉から糖のとり込みに関わるグルコースの輸送体の機能が低下したり、それから脂肪の分解酵素(リポタンパクリパーゼ)の機能が非常に低下すると糖尿病とか心疾患のリスクが高くなるとは考えられます。

IT企業「楽天」では社員1万3千人分のデスクを125cmまで上げられる昇降式デスク(岡村製作所18万円)に変え、仕事の効率を上げています。

一日の生活の行動で、歩行・走る(5%)家事や立ち仕事(35~40%)移動が車、デスクワーク、自宅で座っている時間など(55~60%)が一日の生活の行動パターンと言われる中で、いかに家事や立ち仕事を増やすかが課題となります。

ただここでも最後に足の簡単な運動を紹介しています。足を安定させることで、正しい立位、歩行へ。それが安定した美しい姿勢へと繋がります。

NHKクローズアップ現代ホームページへ 2015年11月11日NHK放送から引用

 

あなたの悩みを根本から改善していくために、

全力でサポートしていきます!

  • ご予約お問い合わせ
  • まずはご相談だけでも、お気軽にお電話ください。
  • 受付時間
  • 午前9:00~12:00 / 
    午後3:00~7:30
※休診日 火曜・木曜午前・日祝
※月曜が祝日の場合、火曜の午前は診療

予約多数な為1日2名限定

初回
10,000円
のところ
2,980円
にて診察させていただきます。
70% OFF
※施術時間以外のご予約はメールフォームから、24時間・年中無休で承っております。