名古屋の慢性腰痛 専門整体院
  • 受付時間
  • 午前9:00~12:00

    午後3:00~7:30

※休診日 火曜・木曜午前・日祝
※月曜が祝日の場合、火曜の午前は診療
交通事故認定治療院
  • ご予約・お問い合わせ
  • 予約制
052-807-3443
院長ブログ
「痛み」は脳である!NHK腰痛治療革命
2016/01/29

 3ヶ月以上続く慢性腰痛の患者は、労働省研究班の調べで2800万人いると推測しています。

004ただ最近の研究で痛み長期化に「脳」が大きく関わっていることがわかってきました。脳にはもともと痛みを抑える鎮痛の仕組みが備わっているのですが、慢性腰痛の人は脳の「DLPFC(背外側前頭前野)」の機能が衰えていることがわかってきました。

脳の前頭葉にある「DLPFC」の機能は、1.物事の判断や意欲をコントロールすること。 2.扁桃体の暴走を制御すること と言われます。

扁桃体は「不安、恐怖、苦しみ、悲しみなど」ネガティブな感情が生まれるところとされ、この機能に支障を来たせば、「うつ病」を発症する原因になるとも言われ、それを制御するのが「DLPFC」です。

007今回、NHKスペシャル治療革命で慢性腰痛に「認知行動療法」と言う治療が紹介されました。痛みを感じる最高中枢は大脳皮質の感覚野ですが、前述の「うつ病」の治療のターゲットになっていた「DLPFC」の機能を活性化させるというものです。それは、「痛みに対する恐怖心」が最大の原因で、その恐怖心を取り除くために、

 

010①激痛への恐怖や不安を解消すること(痛みに対する過剰な心理を軽減)  ②腰をわずかに反らすことで機能的改善により自信をつけるさせること③運動全般に対する自信をつけ、継続的に運動をすること

などにより70人の患者さんの痛みのうち32人(56%)の半分以上の方がが改善したとの結果が報告されています。

平成27年12月27日NHKスペシャル腰痛治療革命より引用  ホームページはこちらから

「痛み」は「脳」で感じています。もちろん腰だけでなく、膝、肩、首、ひじ、体のどこにでもその可能性が有ります。過去に痛めた場所にネガティブな感情が顕在意識・潜在意識に加わり、脳のDLPFCが長期的な誤作動を引き続き起こしてしまう。

当院ではカウンセリングも含め脳のDLPFCの機能を改善させる治療も行います。お尋ね下さい<(_ _)>

 

 

あなたの悩みを根本から改善していくために、

全力でサポートしていきます!

  • ご予約お問い合わせ
  • まずはご相談だけでも、お気軽にお電話ください。
  • 受付時間
  • 午前9:00~12:00 / 
    午後3:00~7:30
※休診日 火曜・木曜午前・日祝
※月曜が祝日の場合、火曜の午前は診療

予約多数な為1日2名限定

初回
10,000円
のところ
2,980円
にて診察させていただきます。
70% OFF
※施術時間以外のご予約はメールフォームから、24時間・年中無休で承っております。